ロボット掃除機で人生を豊かにする方法

体験談

「緩く楽しく」をモットーに。どうもSuzukiです。

 先日4LDKの家に引っ越ししました。前の家より広くなったのは嬉しいんですが、とにかく掃除機をかけるのが大変。今の季節は少し汗ばむ程度ですが、夏になると…と思うと地獄です。

 家族が以前、購入していたにもかかわらず、結局使わずじまいのロボット掃除機を使って家事の中でも重労働に位置づけされる掃除機掛けを楽に済ませるメリットを今回記事にしました。

 この記事では「どこのメーカーがいいの?電気代はどれがお得?」とかそういう話ではなく、少し別の視点から掃除機掛けから解放された人間が、いかに人生を楽しく過ごせるかにスポットを当てたいと思います。

ロボット掃除機があれば人は他の事ができる

 ロボット掃除機といえば「ルンバ」。もうサランラップとかホッチキスとかと同じくらいの代名詞になっているのではないかと思います。現在では多数のメーカーが参入し、ラインナップが複雑化しています。

 ロボット掃除機なんてお高いんでしょ?って方も最近では1万円台から、中には1万円を切っているものもあります。時は金なりと言いますので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

価格.com:ロボット掃除機 人気売れ筋ランキング

Amazon:ロボット型クリーナー の 売れ筋ランキング

 さて、この記事を書いている最中も我が家のロボット掃除機は私の代わりにせっせと掃除をしてくれています。本来であれば、私が重たい掃除機を引きずって蛇腹ホースと格闘しながらあくせく掃除し回らなければならないところです。

 各家庭で部屋の数、大きさなどに差はありますが、一般的に10~30分程度の時間を要するのではないでしょうか。その中でも部屋の隅々までしないと気が済まない人や、丸くでいいやって人とでも時間は変わります。マンションや平屋以外でしたら、重たい掃除機を持って階段を上り下り、一苦労ですし、特に妊婦や年配者には危険な作業となります。

 私が6歳くらいの時に、家事に追われて忙しい母の代わりに掃除機を掛けて褒めてもらおう!と思い部屋の掃除をする代わりに窓ガラスを割ってしまって、こっぴどく怒られてしまうということがありました。もう二度とするなとまで言われてしまいました。そんな悲しいエピソードもロボット掃除機があれば起こらなかったでしょうね。

 老若男女問わず、多忙かつ便利な世の中に生きている現代人ですが、時間だけは今も昔も変わらず平等に与えられています。AIに人間の仕事が奪われる、と世間では騒がれていますが、限られた時間の中で機械に任せられることは任せて、人間は別のことをするか、機械にできないことをすればいいと思います。「奪われる」ではなく「やってもらう」んです。

 かつては洗濯も手洗いでしていた時代がありました。今は乾燥機までついていますよね。洗濯物をたたんでくれる機械は、残念ながら先日開発元が先日破産申請を行いました。少し時代が早かったのかもしれませんね。

 室内の掃除も箒から機械式になりましたが、まだ人間が介在する必要がありました。それがロボット掃除機の登場でようやく人間がフリーになったのです。

 家事から解放された女性たちは社会に進出する機会が生まれました。働く男性陣は「家事だけなんて楽じゃないか」と言いますが、それなりに重労働だと思います。特に夫婦共働き世帯での家事の分担は女性の方が今でも比率は高い傾向にあります。これは年代別に異なりますが、若い世帯になるとその比率は五分五分に近づいていきます。

 そして男性は自分は家事がきちんとできていると思っているが、女性からみればできていない、そのギャップがお互い理解できずストレスになり、ケンカになるというケースも見られます。

 そうした共働き世帯にも、家事の軽減となるロボット掃除機はおススメです。各家庭に全自動洗濯機があるように、ゆくゆくはロボット掃除機も普及すると思われます。

参考:男女共同参画白書(概要版) 平成30年版 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

   平成 28 年社会生活基本調査 – 総務省統計局

使うメリットは?

 私はソファーに座り、コーヒーを飲みながらこの記事を書いています。その間、ロボット掃除機が部屋の掃除をしています。本来であればこの作業は同時にすることはできません。

 我が家のロボット掃除機は多少古いタイプのものなので、助けてあげなければならない場合もあります。頑張ってくれている証拠として、若干の騒音もあります。しかしそれらを除いても、自分で掃除機を掛けることを考えると十分使う価値はあります。

 ところでロボット掃除機を使う際は、部屋の障害物を除去しなければなりません。要するに家具以外の物を地べたに直接置かない。そうすることによって、ロボット掃除機は機嫌よく部屋のごみやほこりを吸引してくれます。

 実はこれにはもう一つメリットがあり、部屋が雑多にならずいつも整理整頓ができている状態になります。どうしても地べたに物を置くと散らかっている感じになったり、なぜかその周りに徐々に物が増えていくことになります。そうしたことを、ロボット掃除機をスムーズに動かすということで常に片づけられた状態にすることができます。 

 煩わしい家事の一つから解放されたあなたは、自分のしたいことをすればいいのです。趣味の事、読書、夕飯の下ごしらえなど、やりたいことは山ほどあるはずです。もし高性能のロボット掃除機でしたら、そのまま外出してもいいかもしれません。掃除が終われば自動でドックに帰っていきます。 

 家事を頑張っていた人ほど、その時間が減ることによってぽっかり時間が空いてしまい、何をすればいいかわからない、なんて人もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。そのような人こそ、新しい趣味を見つけて人生を豊かに過ごせるきっかけになればいいと願います。

 何をすればいいかわからない方や、専業主婦の方なら家事系から少し距離を置き、こんなことをされてみてはいかがでしょうか?あくまで一例ですので、料理を極めたい!片付けマスターになる!という方はそれに向けて取り組まれたらいいと思います。

  • ジムに通う
  • ウォーキング、ランニング、ヨガなどの運動をする
  • 語学や資格の勉強、読書などで知的好奇心を高める
  • ボランティア活動やサークルに参加する(ヨガや楽器の演奏)
  • ハンドメイドをする(アクセサリーやスタンプ作りなど、メルカリで販売すればお小遣いにも)
  • 働きに出る

 今はネットでたいていの事は調べられます。地元の新聞や地域密着雑誌なんかにも募集が掲載されているコーナーがある場合があります。

まとめ

  • 掃除機掛けという重労働から解放される
  • ロボット掃除機に任せて自分は別の何かに時間が使える(家事のマルチタスク化)
  • ロボット掃除機をスムーズに動かすために、いつも整理整頓された状態になる
  • 家事分担の際のケンカの原因が一つ減る
  • 妊婦や年配者などへの負担の軽減
  • いつも部屋がきれいなので心にゆとりが生まれる
  • 豊かな人生を送るための手助けになる

 

スポンサーリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました