【Google AdSence】ads.txtの作成と設置方法

WordPress

「緩く楽しく」をモットーに。どうもSuzukiです。

先日Google AdSence のページに行くと、下記の文が出てきました。

 

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

この注意をスルーしていると、広告の配信停止もあるそうなので急いで対策することにしました。

 

ads.txtとは

Suzuki
Suzuki

ads.txt による認定デジタル販売者の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。

サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。(AdSense ヘルプより)

簡単に言うと、オンライン広告の不正を減らすための仕組みです。

ads.txtの作成

AdSense 向けの ads.txt を作成します。Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

 

  1. テキスト ファイル(.txt)を作成します
  2. ファイル内に次の 1 行を含めます。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください

   3. ファイル名をadsにし、サイトを作成している文字コードで保存する(当サイトはUTF-8)。

 4. その他コンタクトが取れるURLかメールアドレスを追記しておくとよい(必須ではない)

 

サイト運営者 IDの確認方法

  1. AdSense アカウントにログインします
  2. [アカウント] をクリックします
  3. [アカウント情報] セクションで [サイト運営者 ID] 欄を確認します

 

エックスサーバーへの設定方法

作成したads.txtをエックスサーバーに置く方法です

  1. エックスサーバーにログインする
  2. 契約一覧に出てくる設置したいサーバーIDの「ファイル管理」をクリックする
  3. ads.txtを導入するWebサイトを選び、サイト名をクリックする
  4. public htmlをクリックする
  5. 作成したads.txtをアップロードする
  6. 設置は以上で完了です。確認として、ブラウザのURLのところに「~.com/ads.txt」と入力してエンターを押すと、アップロードしたads.txtの内容が見ることができます。

 

設置から解除までの期間

当サイトの場合、設置が2019年6月5日で、注意喚起の表示が解除されたのは同年6月7日です。

まとめ

  • テキストをサーバーにアップロードするだけ
  • 設置を放置していると広告の配信停止の可能性もある
  • 設置後数日で表示は消える

 

スポンサーリンク

 

Yahoo!ショッピング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました